Casa de Sybilla シビラ大好きファンサイト:

ホーム > 日常 > 走っている風景

走っている風景

2018年9月10日(月) 仕事から帰ってから娘とN公園を走りに行った。月曜日の夜なのに、走っている人がたくさんいたので驚いた。まあ、4日間連続の雨だったから、やっと晴れたもんね。でも、走りながら何か違和感を感じた。走っている風景がいつもと違うように感じた。周辺を見ながら走ったが、そうそう、N公園の周りの家やビルやマンションやお店がくっきり見えるのだ。あれれ???そうそう、いつもは並んだ木々があるので、それに隠れて見えないのに、それが無いのだ、、、。

いつものランニングの周回コースに通行止めのテープが張られている所が何か所もあった。それは、大木がばっさばっさと根っこから倒れているからだ。特に南北に生えている木が根こそぎ倒れていた。台風21号の大風が脅威を改めて感じた。もろにぶつかったら、こんな大木がいとも簡単に倒れてしまう。それも根っこからなんて。こんなに大木になるまで、今まで大きな台風が無かったんだろう。地球温暖化の影響なのだろうか。南北の道路の信号も強風で曲がっていた。信号機があっち向いてホイ!をしている感じだ。何度も書くが、本当にもう台風はコリゴリである。

その日着ていたシビラのワンピースです。ライトブルー×グリーン星っぽい模様&スモールフラワージャージーリボン絞り半袖ワンピースミントグリーン系フォーマル風8分袖カットソーにコーディネートを追加しました。
20180910.JPG








2019年12月16日 miekotaro | | コメント(0)

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

カテゴリ

アーカイブ