Casa de Sybilla シビラ大好きファンサイト:

ホーム > 外食・イベント > 富山マラソン2015

富山マラソン2015

11月1日(日) 北陸新幹線が開通したということで、富山マラソンが初開催された(金沢マラソンも別日程で)。Oちゃんが富山出身なので、宿泊付きで是非!と誘われて、4月に先着順のエントリーをしたら、大阪マラソンも当選してしまい、初めて2週連続フルマラソンにチャレンジすることになった。最悪足の状態は悪くなく、もちろん大阪マラソン以来走ってない。でも、マラソン前日ってなかなか深く眠れない。ついつい起きてしまう。

そして、早朝にあのワンちゃんの鳴き声が!Oちゃんの妹さんがもうやってきたのだ。朝からワンちゃんはパワー全開で、ホンマにびっくり驚くばかり。そしてOちゃんの妹さんのダンナさんが車で会場まで連れて行ってくれたので、早々と到着し、会館の廊下の所で、ひとまず休憩。近くにトイレもあるしね。そこでしゃがんで休憩していた。OちゃんとFさんは綿密にストレッチをしていた。Oちゃんはサンバをやっているし、Fさんもジムに通っていて、トレーニングしているので、すごく体が柔らかい。

しかし、私の足に異変が。膝から太ももにかけて痛みが来る。特に太ももが痛いので足が上がらない、、、。何で急にどうなってるの?慌てて持参のサロンパスを張って、安静にしたが、まったく良くならず、このままでは走れないし、走り切れない。キャンセルという選択もあるが、ここまでやってきて、走れないなんて、絶対イヤ!とりあえず、走れるところまで、走ってみるということで、出場することにする。

会館では、だんだん人が混雑し、トイレも空いてたのに、混みだした。それもさっきまで入っていた女子トイレが、急に男子トイレに変更になったり、スタートの集合場所をスタッフに尋ねたらわからなかったりと、『初開催』ならではのトラブルはあったが、スタートする前に姉妹でトイレに行けたし、何とかスタート地点に着けた。そして、足が何とかゴールまで動くことをただただひたすら祈った。

妹は前からのスタートで、私は後方でスタート。ちょうど高岡大仏が見えた。待っていたら、急に20代の女性に話しかけられた。私がCW-Xの新作のタイツを着用していたので、見たことが無いと言って、声を掛けてきた。そして、2人でマラソンの話で盛り上がった。大阪マラソンの知人が出場していてという話になり、その知人がテレビでもよく取り上げられた、スーザフォンを担いだランナーだったので、驚いた。そしてスーザフォン無しだったら、サブスリー(フルマラソン3時間切り)だと知った。やっぱりな。

そして、スタート!先ほどまで一緒に話していた女性ランナーさんは、早々と走って行った。なんせ私は「摺り足走法」ですから。膝をほとんど曲げずに摺り足で走るやりかたでやってみた。これで行けるところまで行ってみよう。太ももの痛みを感じながら走り始めた。5km手前で、Fさんが抜いて行った。タイム申告は私よりもはるかに速いのに、なぜか後ろの方でのスタート地点で驚いた。多分間違って入力したんだろうね。

そして16㎞くらいで、妹に追いつく。足を痛めている私が、追いついたので、妹は超驚いて、やっと真面目に走って行った。

最初は痛かった太ももだったが、走り続けたら、痛みが「マヒ」した感覚になり、いつもよりちょっと遅めくらいのタイムで推移し、みんなに制限タイムギリギリでゴールするって言ってたけど、このままだったら、それほど遅いタイムではないかもしれない。

そして難関の20㎞地点の新湊大橋へ。確かにずっと坂だけど、すごく眺めが良い!今日は良い天気で、良い気候。昨日までずっと雨で寒かったらしいけど、今日は快晴。なので、走っていても、風景がすごく綺麗で、喉かな街並みがずっと続いていくコース。前半の庄川に沿って走るところは、けっこう何にもないんだけど、田んぼなどの田園風景が何とも良かった。そして町の住民たちの温かい応援と、そして山車を出して、お祭りみたいな行事もしてくれて、富山の伝統と文化がわかる感じになっていた。その中でも難所と言われる新湊大橋は、海が見えて、そして立山連峰も見えて、ボランティアの方が必死に応援してくれて、下り坂はなぜか自衛隊の人たちだったが。摺り足だけど、新湊大橋の頂点まで走り続けられた。そして頂点で360度パノラマという感じで、風景を焼き付けて、いったん休憩。そして、坂を下って行きました。

それから富山市へ。ライトレールと並走したり、富山大学を通って、そしてゴールの環水公園へ。最後は、先週の大阪マラソンとほぼ同じくらいのペースで走っていたので、最後の5㎞は必死さが出てしんどかったけど、先週より1分34秒早くゴール出来て驚き!摺り足走法は省エネ走法なので、後半も意外とタイムが落ちずに走れたのです。それと、皆さんの温かい応援と応援ボードの数々、そして美しい風景と、給食はめっちゃおいしかった。ますずし、白えびにぎり、白えびせんべいは絶品!それが重なって最後まで走れた。

そしてゴール後は、やはり膝が曲がらないので、荷物の受け取りまで行くのがタイヘンだった。最後はおじちゃんたちに助けられて、なんとか荷物を受け取って、やっと着換える体育館へ。そこで連絡したら、もちろんOちゃんも妹もゴール済み。Oちゃんは4時間10分くらいでゴールしていた。自己新記録である。今までOちゃんに負けたことなかったけど、とうとう負けてしまった。それもOちゃんは8月いっぱいまでサンバに集中しているので、2か月くらいの練習での成果であった。やっぱり柔軟と筋トレが必要だとものすごく感じた。

ゴール会場では、ビールが無かったので(なんで!!!)、結局外で調達し、4人(Oちゃん、Fさん、妹)で乾杯!そしてFさんは明日昼からイタリアへ出張なので、そのまま帰って行った。

夜は、姉妹で、Oちゃんの集まりに同行する。Oちゃんはほんまにバイタリティーがあって、ネットワークがすごくて、富山の老若男女のメンバーがたくさん集まった。会社経営者や実業家、起業家、テレビ局勤務、農家などいろんなジャンルの方がいて、驚いた。さすがOちゃんである。10年以上前の私はこれから頑張るぞ!ってパワーもあって、いろいろネットワークを広げようと積極的だったのに、今は完全に保守化、沈静化してしまっている。ホンマにダメだなって反省した。Oちゃんのパワーを頂きました!!

その日着ていたシビラのワンピースです。ネイビー×グリーンなど寒色系ビッグサークルニットワンピース長袖タートルネックはっきりグリーン系グリーン系細身レギンス秋冬用にコーディネートを追加しました。
20151101.JPG


2016年9月22日 miekotaro | | コメント(0)

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

カテゴリ

アーカイブ