Casa de Sybilla シビラ大好きファンサイト:

ホーム > 日常 > ウォッカを飲んじゃって2

ウォッカを飲んじゃって2

2017年4月12日(水) 昨夜ウォッカを飲んでしまったので、酔っぱらって記憶ないまま、なんとか家に帰ったみたいで、そのままリビングで寝てしまう。そして、早朝目覚めて、ちゃんと無事に帰った来たことを安堵しつつ、バッグから携帯を取り出そうとしたら、あれ?財布が無い。バッグの中身を確認しても、財布が無い!!!

頭が大パニック。酔っぱらって財布が無くなってしまっていたのだ。まず、連れ合い(夫)に電話して、冷静になるようにして、まずは、クレジットカードとキャッシュカードを止めないといけない。ネットで連絡先を確認して、クレジットカード7枚とキャッシュカード5枚もあるので、利用停止と再発行の手続きに、結局朝の6時から8時半までかかる。昨日行ったお店は17時が開店なので、連絡できないので、クレジットカードの会社から、不正利用があった場合のために、すぐに警察に届け出を出してくださいと言われていたので、9時に近くの警察署に届けに出る。

すると、「紛失届」と「盗難届」の2種類があるが、どちらかと聞かれ、確かにお店を出るときに、財布を取り出して、飲み代を支払って、本来なら財布はバッグの底に入れるのだが、酔っぱらっていたので、そのまま一番上にひょいと置いてしまった。そして、そのバッグはオープンタイプで、チャックなどで締めるタイプではないので、容易に取ろうと思ったら、取れるはずだ。それを窓口に言うと、盗難の可能性があるので、それだったら、捜査一課の方だからと、別の場所を指定された。捜査一課!?

そして、捜査一課に案内され、待たされた。30分ほど待ったら、60代くらいの男性の方が、事細かに状況の話を聞かれ、それを聞きながらメモをとっていた。紛失届は自分で書くみたいだが、盗難届は刑事さんが書くことを初めて知った。そして30分くらいで終わって、またドアの外で待機。さきほどのおじちゃん刑事さんは、パソコンで必死に入力しているみたいだが、めっちゃとろそうだ。そのまま待っている間、ドア内から事件についてのいろんな話が聞こえてくる。ダンナのドメスティックバイオレンスの話や、中学生の家出で補導したが、お父さんが暴力をふるっており、本人が帰宅を拒否の話とか、苦しくなるような話が聞こえてくる。こんなん聞こえて良いんだろうか?また、警察への営業しにセールスマンも来たりして、「オレオレ詐欺」対策のボイスレコーダーなど売り込みに来ていて、意外な面が見れたりした。

そして、パソコン入力に悪戦苦闘していたおじちゃん刑事さんは、やっと1時間かけて、作成できたので、確認してもらったら、間違っている箇所があり、訂正などしてもらって、そこから30分。そして出来上がった書類に署名とハンコを持ってなかったので、拇印した。そして、受理されること30分。やっとそれで解放されて、出所したら12時だった。3時間もかかったのだ。

さあ、今から会社に向かおうとして(明日休みなので、今日は行かないといけない)、最寄駅について、おじちゃん刑事さんに電車会社にも電話してと言われていたので、天神橋筋六丁目から昨夜乗ったので、まずは大阪市営地下鉄に電話。それから南海電車に電話。そして、大阪市営地下鉄は、阪急電車とも連結しているので、阪急電車にも念のために電話したら、相川駅で取得したとの連絡が。えっ!!!

運転免許証も入っていたので、すぐに私だと確認。何で相川駅で?高槻駅行きの普通電車で、相川駅で急行待ちしている際に、駅員さんによって発見されたのでした。天神橋筋六丁目から南の終点の天下茶屋駅に向かったのに、なんで、天神橋筋六丁目より北にある相川駅で発見なの?それも座席に置かれていた。私が乗った車両は天下茶屋駅から高槻駅に変更になり、北を目指す。そして、相川駅まで、財布は座席に置かれたままである。一応、7万円もお金が入っていて、ボッテガヴェネタのグリーンのラウンドの長財布。それが座席に置かれているのに、乗客たちは何もしなかったことになる。日本は治安が良いのはよくわかっているが、まさかここまでとは。それも知らんぷりなんて。もしかして、爆弾でも思ったのだろうか!?

いろいろ疑問が山ほど出てきたが、とりあえず財布が見つかったことは本当に嬉しいことだ。それと、警察に届けるより先に電車会社に電話すれば良かったと大いに後悔。仕事帰りに落し物として財布を取りに行き、そして、天下茶屋駅の派出所に行く。次は、盗難届の取り下げの手続きで、また、刑事さんがそれを作成して受理されたら、終わりだ。3人のおまわりさんがいたが、いろいろ忙しくバタバタしていた。

30分くらい待たされて、20代前半くらいの若いおまわりさんが担当してくれた。バタバタしているので、他の部屋に行きましょうって、小部屋に案内された。その部屋は刑事ドラマに出てくる取調室だ。ノートパソコンを起動して、また、最初からどういう内容なのかを事細かに話しをしなくてはいけなかったが、若いおまわりさんなので、ビックリするくらいの早さで、入力していき、一発でその場で取り消しの書類ができた。おじちゃん刑事さんと全然違い過ぎる。ただ、印刷した書類をFAXで今回受理した警察署まで送って、受理するまで、また時間がかかった。そして待っている間に、酔っ払いの人が出ているとか、目の前で事件の電話が次々かかって、現場に向かったおまわりさんもいた。ほとんどが電話だけで対応を終えていたが。

そして、終わったのが21時。1時間半もそこにいた。結局警察に今日だけで4時間半もいたのだ。財布も中身も無事だったが、結局、クレジットカードとキャッシュカードを止めたので、特にクレジットカードは再発行の手数料で1万円以上かかった。

一気に疲れた。明日早いのに。

ウォッカというキツイ酒を飲んで、最後の支払いで財布を出して、そしてオープンタイプのバッグを持っていたから、いつもなら奥に財布を置くのに、一番上にひょいと乗せて、そして、電車で寝てしまって、財布を落としてしまったのが原因。

ひたすら反省である、、、。今後は必ず財布は奥に。キツイ酒を飲むときは特に要注意を。そして中押しに乗って、飲まないこと。

でも、良いことがあった。仕事帰りに会社の最寄駅の100円ショップになんとカルビーのポテトチップスが入荷したのだ!即、10袋を購入。そのそのポテチが入った大きなビニール袋を持ちながら、警察などに行ったのだ。だって、ジャガイモ不足で、生産中止になるんだもんね。買いだめは必須だ。マイベストスナック菓子は、昔からカルビーのポテチ!!!ほぼ毎日1袋を食べ続けていたのだ。しかし、とうとう太りだしたので、少し節制している状態。でも、無くなっては、私の死活問題。早くジャガイモ出来てくれ!

その日着ていたシビラの服です。こけ色ニットジャケット長袖タートルネック深緑インクジェットプリントガーデン風柄スカートにコーディネートを追加しました。


20170412.JPG


2018年4月25日 miekotaro | | コメント(0)

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

カテゴリ

アーカイブ