Casa de Sybilla シビラ大好きファンサイト:

ホーム > 映画・テレビ > セッションの監督

セッションの監督

2017年3月1日(水) ここ最近、いやここ10年間で一番最高だった映画は「セッション」。ぜひわが息子にも見せたいし、また映画館で見たいと思っているのだが、その「セッション」を監督したのが、デイミアン・チャゼル氏。その次に監督したのが、今年のアカデミー賞の話題を集めた「ラ・ラ・ランド」!14部門もノミネートされたが、最後の最後で作品賞を「ムーンライト」が取ってしまい、結局6部門を受賞した。監督賞はもちろん最年少受賞(32歳)でデイミアン・チャゼル!スゴイスゴイ凄すぎる。

本当なら作品賞も取れるはずだったが、トランプ大統領の人種差別発言に抗議して、「ムーンライト」が選ばれたよね。

でも、「ラ・ラ・ランド」はミュージカルなんだね。すごく苦手な分野で、食わず嫌いなんだけど、来月公開だが、頑張ってみようと思ってますが。

その日着ていたシビラのチュニックです。ハート柄コード刺繍お花プリントウールジャージーワンピース限定品パープル系青紫ぴらぴら絞りマフラー付きタートルセーターこげ茶段々ティアード風スカート伊勢丹限定フード付アルパカコートにコーディネートを追加しました。
20170301_1.JPG20170301_2.JPG







2018年3月16日 miekotaro | | コメント(0)

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

カテゴリ

アーカイブ