Casa de Sybilla シビラ大好きファンサイト:

ホーム > 日常 > よもやのメール送信先1

よもやのメール送信先1

2015年12月14日(月) 昨夜キング・クリムゾンのコンサート後、興奮と幸福感に包まれながら、帰宅している際、大学時代の友人で現在東京在住のYちゃんからメールが届いていた。大阪に出張で来るので、19日(土)昼に会わないかというお誘いメールで、昼からだったら、大丈夫なので、「OK」の返事をしようと返信の所をクリックしようとすると、「全員に返信」にしてみたら、その送信先に、「I」のメアドが入っていた。

それを見て、愕然とした。「I」も大学時代の友人であったが、10年くらい前にフェードアウトして、縁を切った人であった。Yちゃんは私が縁を切っているのを知っているはずなのに、なんで?

Yちゃんにメールしたら、たまには呼んでも良いかなと思ったので。全然会ってないし。大丈夫でしょうって。

大学時代は「I」にいろいろと振り回された。イヤなことばかりではなく、楽しいこともあったので、なんとか我慢していた。しかし、ある程度年齢を重ねたとき、振り回され続けている自分がイヤになった。周りはそんな私を見て、「良」人だねって言ってくる。そしてパキッと何かが折れた。そこまでイヤなのに、付き合うことではないと、これからはプライベートではイヤな人とは付き合いたくないということで、いわゆる高校時代の友達「O」と、そして大学時代の「I」とは、連絡を途絶えさせ、現在に至っていた。

Yちゃんのメール送信先には、「Iさん」が入っていた。「Iさん」は大学時代一番親しかった。4年くらいまではずっと一番親しかったと思う。しかし、Iさんのお母さんが乳がんで闘病生活に入り、「Iさん」は仕事を続けながら看病を続け、そしてお母さんが亡くなり、その後、ショックでお父さんが体調を崩し、今もお父さんの看病しながら仕事をしていた。そんな生活になったので、疎遠になり、時々メールしたけど、なかなか会えなくて、ここ4年ほどまったく会っていなかった。

YちゃんがYちゃんの結婚以来久々にみんな会おうというメールなので、「Iさん」が来るかもしれない。

「Iさん」に会いたいけど、「I」には会いたくない。

そしてメールを貰って以来、ずっとずっとずっと悩んだ。そして、昔の出来事が走馬灯のように思い出し、心が痛い。

そして今夜、連れ合い(夫)に相談する。そしたら、「I」は大丈夫なのか?と。そうなのだ。たまたま2年ほど前に、縁を切る直前にニフティ中毒になっていた「I」の事だから、SNS中毒になっているかもなって、何気に、今まで一度もしたことなかったのに、初めてふと名前を検索したら、「I」は問題を起こしていたそうだ。それは悲しい出来事で、それは非常に気になっていた。

Yちゃんからメールが来た。すぐに「I」が参加すると返事が来たそうだ。「Iさん」からは返事がまだとのこと。

会うべきか、会わないべきか非常に悩む。今の私は完全に「悪」人だな。


その日着ていたシビラのワンピースです。ベージュ系総鈎針刺繍半袖ワンピース長袖タートルネックグレー系にコーディネートを追加しました。

20151214.JPG

2016年11月17日 miekotaro | | コメント(0)

コメントする

(初めてコメントする場合、承認されるまではコメントが表示されない場合があります。)


新着情報

カテゴリ

アーカイブ